上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年末、大慌てで病院に駆け付けることになった、いっち。
めずらしく、パパも病院に付き添い、いっちを抱えて、診察室に入りました。

いっちの病名や原因など、大事なことを一通り、聞き終えた頃、
パパは、かねてから、気になってた「あのこと」を先生にぶつけました。
「先生、このイボ、なんとか取れませんか?」
     ichiibo.gif

1歳頃からいっちの首元にあったそれ、最近、除々に大きくなってきた感は
ありました。ただ、今このときに、ソレ?・・・って、感じが正直、しちゃいましたが・・・
     IBO.gif

かかりつけの先生のこれまでの見解としては、
「問題は見た目だけ。全身麻酔で手術することを考えると負担が大きいので、反対です。」
でしたが、今回、パパの熱意に負けたのか、
「局部麻酔で、何とかできるかもしれません・・・・^^;」

ということで、新年最初の診察日に、緊張の局部麻酔のみで手術に臨みました。

いっちの押さえ役は、私でお願いしました。そのほうが、怖がらず、スムーズに
進められると思ったからです。
あっという間に、麻酔注射→イボの切除→縫合(4針)が終わりました。
      after_20100117011240.gif
先生の腕もさすがですが、やっぱり、女は強い
正式名称:「皮膚皮脂腺腫切除」でした。

ただ、ウッカリしていたこと・・・・場所が場所なだけに、カラーができないことを
切除後、帰宅してから、気づきました^^;

もちろん、抜糸までは、お散歩お預け。気のせいか、しばらく、ブルーないっちでした・・・・
     blue.gif

ようやく、このたび、無事に抜糸を終えました
この先、もっと、キレイに落ち着くそうです          

          resize3792.gif

パパにとっては、大満足のafterだったけど、いっちにとってはどうだったのかな・・・・ 
          neck.gif
 
今回の抜糸の際、河川敷で一度、お会いした8か月のアンちゃんに偶然、会うことができました。
      an-chan.gif
たった一度、お会いしたときに、この病院はいいですよ♪とお話したことから、
今は、こちらまで、通っていらっしゃるそう。
本当にいい先生だから、アンちゃんのためにも、パパママさんのためにも
よかったな・・・と思うと同時に、一度の出会いが知らないところで、
こんなふうに、進展していただなんて、なんだか、うれしい♪

しかも、通称アンちゃんの本名は、アンジェラちゃんだそう
実は、いっちの血統書名は、アンジェラス。
(にぃといっちは、血統書名は私が付けることが出来ました。)

アンちゃんも、もちろん、いっちも「天使」のような存在であることから、授けられた名前です。

こんなところでの再会は、???だけど、二人の天使が引き合わせてくれた素敵な再会でした

次回は、楽しく遊べるところでの再々会を楽しみにしています



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatoichigo.blog87.fc2.com/tb.php/98-27b7248a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。