上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    今朝、このお天気()じゃ、にぃに&いっちの早朝レッスンは、中止だろうな・・・と
   勝手にヤマを張って、ちょっぴり、グズグズとぉ寝坊しちゃってました。
   ・・・・やっぱり、中止となっちゃいました・・・・。

    じゃぁ…朝から、病院に行っちゃいましょう
 
   先般、肛門嚢炎で通院していたいっちですが、お薬は、もういいでしょう・・・となりました
   が、肛門腺自体は、引き続き、一週間に一度、絞ってください、とお医者さま。
   さぁ、タイヘンっとネットetc.で「肛門腺の絞り方」なるものを参考に、
   何度か、トライ・・・するだけは、してみました。
   だけど、あの眼とあの声には勝てず、結局、絞ることは出来なかったのです

   でも、最後に絞っていただいてから、早や一週間。
   こうなったら、方法は、これしかありません…。 「病院で先生に教わる」です。
   そう、意気込んで、いっちと病院へ

   
   午前中の寒かったこと・・・ 
   寒いせいか、怖いせいか、病院に着いたいっちは、ブルブル震えていました

   そんなことお構いなしに、いよいよ、いっち(私?)の番です。
   「肛門腺絞り、教えてください!!」 先生は、快く、教えてくださいました。

   その前にまず、体重測定。今日は、4.2kg。先週より、0.1kg増えました。
   4割増しのゴハンの成果です。

   そして、いざ、絞ります・・・。
   尻尾を持って、肛門の隣の膨らんでる部分(溜まってる証拠)をギューッっと
   持ち上げるように・・・。
   だけど、いっちの場合は、ホントに押し出す・・・という感じのほうがが出し易いようです。
   基本は、一緒でしょうけど、個体により、若干、絞り方も異なるそう。

   「・・・・・・なんか、出てきました
   そのまま、ギューっと力を入れてると、面白いように、次から次へと、膿が出てきます。
   絞り切った後、いっちのお尻を見ると、肛門嚢炎とは、違う赤みで腫れちゃってました・・・

   私、握力、強いの忘れてた…
   絞れた喜び50%、お尻腫れさせちゃった後悔30%、痛い思いをさせてごめんね20%って
   感じでしょうか

   絞った後の体重・・・・4.15kg。さっきとの50gの差は、ナニ
   膿は、50gも出てないよね・・・ 一瞬とはいえ、心労で、やつれちゃったかな・・・


   
   さて、次回から、自分だけで、絞れるか・・・・まだまだ、不安はありますが、
   もう二度と肛門嚢炎にさせないよう、私にできる努力は、怠りません。
   
   ちなみに、肛門腺を切除する手術もありますが・・・、麻酔にも、手術自体にも抵抗があるので、
   痛い思いをさせるのは辛いけど、今後も絞ることとします・・・・・



      resize3005_20081129020238.jpg

   いっち 「あぁあ・・・きょうは、つかれまチたヨ・・・ でも、ちょっと、オシリ、スッキリしたでチ」       
    
     ・・・って少しでも、思っててくれてたら、ウレシイな・・・・・


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamatoichigo.blog87.fc2.com/tb.php/34-27326628
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。