上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年末、大慌てで病院に駆け付けることになった、いっち。
めずらしく、パパも病院に付き添い、いっちを抱えて、診察室に入りました。

いっちの病名や原因など、大事なことを一通り、聞き終えた頃、
パパは、かねてから、気になってた「あのこと」を先生にぶつけました。
「先生、このイボ、なんとか取れませんか?」
     ichiibo.gif

1歳頃からいっちの首元にあったそれ、最近、除々に大きくなってきた感は
ありました。ただ、今このときに、ソレ?・・・って、感じが正直、しちゃいましたが・・・
     IBO.gif

かかりつけの先生のこれまでの見解としては、
「問題は見た目だけ。全身麻酔で手術することを考えると負担が大きいので、反対です。」
でしたが、今回、パパの熱意に負けたのか、
「局部麻酔で、何とかできるかもしれません・・・・^^;」

ということで、新年最初の診察日に、緊張の局部麻酔のみで手術に臨みました。

いっちの押さえ役は、私でお願いしました。そのほうが、怖がらず、スムーズに
進められると思ったからです。
あっという間に、麻酔注射→イボの切除→縫合(4針)が終わりました。
      after_20100117011240.gif
先生の腕もさすがですが、やっぱり、女は強い
正式名称:「皮膚皮脂腺腫切除」でした。

ただ、ウッカリしていたこと・・・・場所が場所なだけに、カラーができないことを
切除後、帰宅してから、気づきました^^;

もちろん、抜糸までは、お散歩お預け。気のせいか、しばらく、ブルーないっちでした・・・・
     blue.gif

ようやく、このたび、無事に抜糸を終えました
この先、もっと、キレイに落ち着くそうです          

          resize3792.gif

パパにとっては、大満足のafterだったけど、いっちにとってはどうだったのかな・・・・ 
          neck.gif
 
今回の抜糸の際、河川敷で一度、お会いした8か月のアンちゃんに偶然、会うことができました。
      an-chan.gif
たった一度、お会いしたときに、この病院はいいですよ♪とお話したことから、
今は、こちらまで、通っていらっしゃるそう。
本当にいい先生だから、アンちゃんのためにも、パパママさんのためにも
よかったな・・・と思うと同時に、一度の出会いが知らないところで、
こんなふうに、進展していただなんて、なんだか、うれしい♪

しかも、通称アンちゃんの本名は、アンジェラちゃんだそう
実は、いっちの血統書名は、アンジェラス。
(にぃといっちは、血統書名は私が付けることが出来ました。)

アンちゃんも、もちろん、いっちも「天使」のような存在であることから、授けられた名前です。

こんなところでの再会は、???だけど、二人の天使が引き合わせてくれた素敵な再会でした

次回は、楽しく遊べるところでの再々会を楽しみにしています



スポンサーサイト
ネイリストさんに紹介され、知った「オステオパシー」。

かれこれ、通い始めて、3,4年。
以前の私は、使い捨てカイロを背中に相当数、貼りつけないと冬を過ごすことが、
出来なかったのに、ふと、気づくと今冬は、カイロの出番が少なくなってました。
そういえば、今春には、花粉症も、気にならなかったっけ・・・・。

正直、そのお陰ばかりとは思ってないけど、少なからず、影響が
あるのかも、しれません。


実は、今年の元旦、突然、身体のどこかを「イタイイタイ!」と訴え始めた、にぃに。
そのとき以来、「イタイ」は、今日に至ります。

レントゲンを撮っても、原因は判らずじまい。
MRIも検討したけど、仮に、それで何かが明らかになったとしても、
外科的手術は、勧められない、と言うかかりつけの先生の意見から、
安静に過ごすこと以外、何も施すことができないでいる、にぃにの疼痛。
レッスンを休んだ時期もあったけど、実際、イタグレが安静って・・・・。
正直、辛く・・・・厳しいです・・・・


そこで、ふと、「オステオパシー」の先生に、ダメ元で、犬にも、施術してもらえるか
否かを尋ねてみたところ、
「効果が表れるかは不明だけれど、やってみる価値はありますよ。」と
快諾してくれました

週末、パパと共に、にぃにも、「オステオパシー」を初体験

恐らく、患部と睨んでいる腰の辺りから治療してもらいます。
   chiryo.gif

なんとなく、気持ちいいのかな?大人しくしています。
     chiryotyu.gif

「お腹に炎症のような熱の塊があったので、ほぐしました。」
確かに、数日前から、下痢&嘔吐、その後、便秘・・・でした。

ただ、肝心の骨については、「残念ながら、よくわかりませんでした・・・」とのこと。

に:「ボクに、なんか、しましたか
     osimai.gif

いっち・・・・にぃにの次は、自分だと思いこんで、スタンバってましたが・・・・
違う・・・とわかって、ちょっと残念そう?
     tennnenn.gif


今だ、私の中にある、にぃにのどこが、どう痛いのかが判らない、
もどかしさ自体は、消えてはいません・・・・。
コレが効いてるのか、どうかも判りません・・・・
もしかしたら、何もしないよりは、気が済む私のためにしていただいただけかもしれません。

だけど、ありがたいことに、また、施術していただけると言って頂けたので、
しばらくは、コレ、通ってみたいと思います。
いずれにしても、早く、「イタイイタイ!」が消える日が来ますように・・・・






タップリとゆっくりしちゃったゴールデンウィークが明けた途端、
にぃに&いっちと一緒に居られる時間は激減しちゃいました・・・・


さて、昨年10月に、歯垢&歯石を取っていただき、その後、3か月検診をして
頂いたままになってる、にぃにといっちの大事な歯。

その後、にぃにに関しては、前歯の歯茎の後退が著しいことと、
その前歯を磨こうとすると、鼻水を出してまで、痛がることから、
可哀想で磨くことができず、気休めにハミガキだけを塗るように
していた時期があり・・・ 
どうしたら、よいのでしょうか?と一度、先生にお電話で、ご相談したことがありました。
(遠いために、すぐには、行けなかったのです・・・

「でも、ちゃんと、磨いてください。どうしても、ダメなら、来て下さいね。」と先生。

その後、病院に行ける時間がずっと、取れないこともあり、心を鬼にして、
にぃの前歯を磨く道を選んだ私。

だけど、頑張っているうちに、いつしか、痛がらず、磨かせてくれるようになりました♪
・・・といっても、まったく、心配がなくなったワケではありません。


そんなとき、この土曜日に、たまたま、大宮での仕事の予定が入ったので、
ついでに、病院に連れて行こう!!と決めました☆
不思議と、歯磨きタイムにも、ちょっと、気合いが入ったりして♪

タイミングよく、当日、院長先生がいらっしゃる、とのことで、4か月ぶりに
検診をしていただきました


病院は、埼玉県上尾市。 
我が家からも、かなり遠方ではありますが、に&いの大事な歯のためなら、
どこへでも(?)

clinic.gif



にぃにの歯
ni_20090511004725.gif

いっちの歯
ichi.gif

結果は、どちらも、
「いいでしょうこのまま、歯磨きは毎日、続けてください

にぃには、確かに、前歯は怪しいもののグラついている様子もないので、
今、何らかの処置を要する、というほどではないとか・・・・
ほ~っと、一安心です

ゆっくり、周辺をお散歩して、次は、ママのお仕事にお付き合いです
nii_20090511004826.gif
病院の近所には、チョコチョコと草むらがあるので、トイレタイムに助かります。


さあ、今日のメインイベント(?) ママのお仕事中は、クルマで待機。
もう、涼しい夕方でなければ、連れてはいけない季節になりました


スムーズに、お仕事も済みました
これから、おウチまでは、ずーっと遠くだから、ゆっくーり、遊んでから、帰ることにします。


大宮。昔、懐かしいような大きな公園 いろんな遊具があります。
個人的には、鉄棒がしてみたいかな。。。。
yugu.gifsuberidai.giftetsubo.gifs.gif
ゆっくりしたかったけど、夕方の知らない公園っていうのは、ちょっとコワいですね・・・・


そう言えば、病院での2頭・・・・
なぜか、ピーピーと小鳥のように鳴きます
「これで、しばらくは、病院行かなくっていいんでちよね
resize3626.gif
ママ:「・・・・ワクチンは、これからなんですけど・・・・

次回、かかりつけの病院ででも、ピーピー文句・・・言われそうです・・・・





      にぃにといっちがそろって、スケーリングをしたのは、昨年の10月。
      当時、あんなに、ピカピカの歯に感動を覚えていたのに、最近では、
      なんだか、口臭も出てきたかも・・・とか、コレ、歯肉炎じゃないかしら・・・・
      と、不安を抱きながらの歯磨きタイムになりつつありました。
    
      早いうちに3ヶ月検診を受けなきゃ!と先生の在院を確認するも、
      今月の土日は、ほぼ、予定が入っていらっしゃるとのこと
      これはマズい、と仕事の調整を図り、翌日、即、検診に向かいました。

     
      結果、心配が的中・・・・。
      にぃには、炎症が起きているらしく、薬で処置。経過を見ましょう・・・ということに。
      いっちは、若干、歯石がついてるものの、とてもいいですよ♪とのことでした。

       hos.jpg
        に&い「今日はお友だちが少ないね・・・。すぐに順番が来ちゃうよ・・・
            「ママは、ありがたいですよ♪」
    
      引き続き、歯磨きタイムは、慎重に努めなくては・・・・です

    
      あまり、スッキリしない気分の帰宅後、またしても、にぃにに、イヤ~なオマケが!!
      ふと見たら、身体にジンマシン!?

000000000ni.jpg
    
      至急、病院に行きたいところでしたが、この後、みっちり、お仕事のアポを入れて
      しまったし、行きたい病院もお休み・・・ということで、一晩、様子を見ることに。
    

      翌朝には、ほんの少し、ブツブツ・・・とした感じがある程度に治まりましたが、
      念のため、と、やさしいハクママとパパがおススメの病院に連れていってくれました。
      
      ハクパパに抱っこされたにぃにとハクママに抱っこされたいっち♪
        hakupapa.jpgili.jpg
     
      診断結果は、「すぐに引いたということは、心配するような病気でもないし、
      大きな原因もないということ。薬も必要ないでしょう。」 これまでのかかりつけで
      あれば、きっと、お薬が出たように思いますが、なるべくなら、飲ませたくない
      私の考えには、ありがたいお医者様でした。 ハクママ&パパありがと~♪♪♪
    

   ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~
     
      このあと、安心しきってしまった人間たちは、コストコ(私はdebut★)へ☆
      しかも、さらに調子に乗って、ニトリ&イケアまで、ハシゴしちゃいました^^v

      おっきなカートとやさしいハクパパ&ハクママ ホントにありがと★
      cos.jpg

     

      いっぱいお買いモノができ、ルンルン♪でぉウチに帰ると、超不機嫌ないっち・・・
      resize3563.jpg
      い「ママ、オソイわ!ぉナカ空いたワ!!私たちは、ビョーイン頑張ったのに!!!」
     
      ママとしては、これでも、早く帰ってきたつもりなんだけど・・・・・
      確かに、ぉ腹空いたよね・・・・ママもです・・・・・。


    
    今朝、このお天気()じゃ、にぃに&いっちの早朝レッスンは、中止だろうな・・・と
   勝手にヤマを張って、ちょっぴり、グズグズとぉ寝坊しちゃってました。
   ・・・・やっぱり、中止となっちゃいました・・・・。

    じゃぁ…朝から、病院に行っちゃいましょう
 
   先般、肛門嚢炎で通院していたいっちですが、お薬は、もういいでしょう・・・となりました
   が、肛門腺自体は、引き続き、一週間に一度、絞ってください、とお医者さま。
   さぁ、タイヘンっとネットetc.で「肛門腺の絞り方」なるものを参考に、
   何度か、トライ・・・するだけは、してみました。
   だけど、あの眼とあの声には勝てず、結局、絞ることは出来なかったのです

   でも、最後に絞っていただいてから、早や一週間。
   こうなったら、方法は、これしかありません…。 「病院で先生に教わる」です。
   そう、意気込んで、いっちと病院へ

   
   午前中の寒かったこと・・・ 
   寒いせいか、怖いせいか、病院に着いたいっちは、ブルブル震えていました

   そんなことお構いなしに、いよいよ、いっち(私?)の番です。
   「肛門腺絞り、教えてください!!」 先生は、快く、教えてくださいました。

   その前にまず、体重測定。今日は、4.2kg。先週より、0.1kg増えました。
   4割増しのゴハンの成果です。

   そして、いざ、絞ります・・・。
   尻尾を持って、肛門の隣の膨らんでる部分(溜まってる証拠)をギューッっと
   持ち上げるように・・・。
   だけど、いっちの場合は、ホントに押し出す・・・という感じのほうがが出し易いようです。
   基本は、一緒でしょうけど、個体により、若干、絞り方も異なるそう。

   「・・・・・・なんか、出てきました
   そのまま、ギューっと力を入れてると、面白いように、次から次へと、膿が出てきます。
   絞り切った後、いっちのお尻を見ると、肛門嚢炎とは、違う赤みで腫れちゃってました・・・

   私、握力、強いの忘れてた…
   絞れた喜び50%、お尻腫れさせちゃった後悔30%、痛い思いをさせてごめんね20%って
   感じでしょうか

   絞った後の体重・・・・4.15kg。さっきとの50gの差は、ナニ
   膿は、50gも出てないよね・・・ 一瞬とはいえ、心労で、やつれちゃったかな・・・


   
   さて、次回から、自分だけで、絞れるか・・・・まだまだ、不安はありますが、
   もう二度と肛門嚢炎にさせないよう、私にできる努力は、怠りません。
   
   ちなみに、肛門腺を切除する手術もありますが・・・、麻酔にも、手術自体にも抵抗があるので、
   痛い思いをさせるのは辛いけど、今後も絞ることとします・・・・・



      resize3005_20081129020238.jpg

   いっち 「あぁあ・・・きょうは、つかれまチたヨ・・・ でも、ちょっと、オシリ、スッキリしたでチ」       
    
     ・・・って少しでも、思っててくれてたら、ウレシイな・・・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。